• Access

関西初※再生可能エネルギー100%利用の 分譲タワーマンション「(仮称)ブランズタワー谷町四丁目」を開発

2021年12月06日 分譲住宅 Facebookでシェア Twitterでシェア

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡田 正志)、関電不動産開発株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:藤野 研一)は、大阪市中央区常盤町2丁目において、新築分譲タワーマンション「(仮称)ブランズタワー谷町四丁目(以下、「本物件」)」を開発いたします。

本物件はOsaka Metro谷町線・中央線「谷町四丁目」駅徒歩3分に立地、全住戸・共用部の電力を、非化石証書を利用した実質再生可能エネルギー100%で賄う、地上31階・総174戸の制振構造・超高層タワーマンションです。これからの新時代における共同住宅の在り方を体現し、良質な住宅ストックへの貢献を目指してまいります。なお、分譲タワーマンションにおける実質再生可能エネルギー100%利用の電力サービスの採用は、関西初の取り組みとなります。

※関西エリアにおいて実質再生可能エネルギー100%利用の分譲タワーマンションは本物件が初となります。(各種広告媒体、Next Power社への聞き取り調査等による東急不動産調べ)

詳細はPDFをご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader
公開年
ニュースカテゴリ