• Access

物流特化型私募ファンド「LOGI'Q1コアファンド」を組成

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡田 正志、以下、東急不動産)と 100%子会社の東急不動産キャピタル・マネジメント株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:恒吉 毅、以下、TLCM)は、TLCM自らが資産運用業務を行う私募ファンド「LOGI'Q1 コアファンド」を複数の国内機関投資家と組成したことをお知らせいたします。

LOGI'Q1 コアファンドは、首都圏、関西圏、中部圏、九州圏を中心とした全国の主要物流需要エリアにおいて東急不動産が開発する先進的な物流施設「LOGI'Q(ロジック)」を投資対象とし、投資家に対して配当を通じ長期的に安定した収益を生み出します。 また、同ファンドにおいては、東急不動産の物流施設計画指針に則り、CASBEE A ランク等の各種環境認証の取得、倉庫周辺の緑化等のヒートアイランド対策、太陽光発電等再生エネルギーの活用、セキュリティの確保、災害・BCP対策等のESG投資基準を定めており、ESG投資を通じて持続可能な環境や社会の実現に貢献します。今後、中長期的な収益の維持・拡大に努め、資産規模1,000億円を目指します。

詳細はPDFをご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader
公開年
ニュースカテゴリ