• Access

「NEXT NORMAL」をコンセプトに新たな都心居住をご提案 分譲タワーマンション「ブランズタワー谷町四丁目」案内開始 日本初の冷凍・冷蔵宅配ボックスなど、4つの「初」を採用

2022年04月26日 分譲住宅 Facebookでシェア Twitterでシェア

<4つの「初」を採用>
① 日本初、冷凍・冷蔵宅配ボックスを採用
② 関西初、実質再生可能エネルギー100%利用の分譲タワーマンション
③ 大阪市中央区初、株式会社オプテージ提供の10GBインターネットサービスを全戸一括採用
④ 関西初、『MIRROR FIT.』を共用フィットネスルームに設置

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡田 正志)、関電不動産開発株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:藤野 研一)は、大阪市中央区常盤町2丁目において建設中の新築分譲マンション「ブランズタワー谷町四丁目(以下、「本物件」)」について、2022年4月29日よりマンションギャラリーでのご案内(当初は資料請求者に限定した事前案内)を開始しますのでお知らせします。

本物件は、東急不動産が大阪府下で分譲する10棟目となるBRANZ TOWER(ブランズタワー)であり、「NEXT NORMAL」をコンセプトに、脱炭素への取り組みも含め、"ウェルビーイングな暮らし"を体現する、地上31階・総戸数174戸の超高層タワーマンションです。日本初となる冷凍・冷蔵宅配ボックスを採用。また10GBという大容量インターネットサービスを全戸に備え、オンラインで本格的なトレーニングプログラムを体験できる『MIRROR FIT.』を共用部のフィットネスルームに設置するなど、「NEXT NORMAL」な生活を実現できる仕様となっています。

ブランズタワー谷町四丁目の完成予想図

変化の大きい社会に対応する「NEXT NORMAL」な都市生活を提案

近年、環境課題への取り組みに対する意識が高まっており、未来の安心・安全を見据えた取り組みも多く行われています。その一方で、新型コロナウイルスといった感染症などの疾病や台風、地震などの災害、AI技術の急激な進化により、世の中の変化を予測することは難しくなっています。
そういった中で、本物件はコンセプトを「NEXT NORMAL」とし、住まわれる方々がよりウェルビーイングで安心できる暮らしを実現しつつ、無理なく脱炭素の取り組みが可能となる、様々な企画を盛り込みました。これらにより、これからの新時代における、共同住宅の在り方を体現し、ストック形成への貢献を目指してまいります。

①日本初※1、冷凍・冷蔵宅配ボックスの採用

90年代半ばに専業主婦世帯を抜いて以降、年々増加する共働き世帯。これに伴い様々な消費傾向の変化が生じました。その一つが「まとめ買い」に伴う冷凍食品へのニーズであり、昨今のコロナ禍により更に需要が高まりました。日経トレンディ・日経クロストレンドによる2022年度のヒット予測ランキングにおいても、「冷凍食品専門スーパー」が2位に選ばれるなど、この傾向はフードロス削減の動きと呼応して、今後も続くと期待されています。しかし分譲マンションにおいて、これまで冷凍品については利用者が直接受け取りを行う以外に対応方法がなく、留守の場合には再配達を依頼しなければなりませんでした。このような現状を踏まえ、本物件では、日本初となる冷凍・冷蔵宅配ボックスを採用します。入居者様がより手軽に冷凍・冷蔵の配送物を受け取ることができるようになり、共働き世帯の時短ニーズに応えることが可能となります。また、再配達の削減により宅配業者の負担軽減やCO2排出量の抑制にも繋がります。

※1 国内の分譲マンションにおける冷凍機能のついた宅配ボックスの採用は日本初となります(2022年1月公表時点)。

日本初の冷凍機能のついた冷凍・冷蔵宅配ボックス

共働き世帯・専業主婦世帯数の推移
2022年ヒット予測ランキング
順位 製品などの名称
1位 Miles/ANA Pocket
2位 冷凍食品専門スーパー
3位 NFTトレカ/アート
4位 次世代自販機
5位 軽量「スマート」グラス

※日経トレンディ 2021年12月号の記事より作成

②関西初※2、実質再生可能エネルギー100%利用の分譲タワーマンション

環境志向の高まりを踏まえ、本物件では全住戸・共用部の電力を、関西電力グループのNext Power株式会社より、非化石証書を利用した実質再生可能エネルギー100%の電力を高圧一括受電方式で供給を受けます。これにより、本物件のご入居者様は従来の電気料金・ガス料金と同等のコストで、日常生活の中で無理なく脱炭素に貢献することができます。

関西電力グループのNext Power株式会社が当社の環境価値調達をバックアップ。CO2フリー電気を供給し、マンションの出禁を全てエコにいたします。

③大阪市中央区初※3、快適なリモートワークを実現する10GBの高速・大容量通信回線

コロナ禍によるテレワークや巣ごもり需要を受けて、インターネットの速さ(つながりやすさ)を重視する方が増えてきております。
こうした背景を踏まえ、本物件では大阪市中央区で初めて、株式会社オプテージの10GBインターネットサービスを全戸一括採用します。これによりWEB会議や動画視聴も快適にご利用頂けます。

※3 大阪市中央区において通信速度上り・下り最大10ギガの高速・大容量回線でインターネットのご利用が可能な分譲マンションは、本物件が初となります。(2022年3月公表時点、(株)オプテージ調べ)

eo 光ネット10ギガ(データ通信速度概ね10Gbps)コースと1ギガ(最大概ね1Gbps)コースを大容量ファイルのダウンロード時間で比較した場合

eo光 1ギガコースだと約6分かかるダウンロードが、eo光 10ギガコースだとサクッと約45秒で完了!

④関西初※4、オンラインフィットネスサービス『MIRROR FIT.』をフィットネスルームに導入

昨今の健康志向の高まりを踏まえ、本物件3階には、エアロバイクなどの設備を用意した、株式会社東急スポーツオアシス監修のフィットネスルームを設置。さらに、密を避けるニーズを考慮し、関西の分譲マンションでは初となる、オンラインで本格的なトレーニングプログラムを体験できる『MIRROR FIT.』を導入しました。
『MIRROR FIT.』はミラーフィット株式会社が展開しているオンラインフィットネスサービスで、フィットネスクラブやジムに行かなくても、オンラインで手軽に本格的なトレーニングを行うことができます。ミラー型のデバイスと専用アプリを連動させ、ヨガ・ストレッチ・筋トレ・ダンスなど様々なワークアウトを映し出しながら実践できます。

『MIRROR FIT.』

※4 関西エリアにおいてスマートデバイスを活用したフィットネスサービス「MIRROR FIT.」を採用した分譲マンションは本物件が初となります。(2022年3月公表時点、ミラーフィット(株)調べ)

東急不動産のマンション BRANZ(ブランズ)

BRANZは、持続可能な心地よい暮らしと環境貢献実現のために新たな発想や仕組みを取り入れた環境先進マンションを提供していきます。
一番長く使う住宅こそ、一番地球にやさしいものにしたい、という想いのもと環境にも人にも優しいウェルビーイングな日々を未来へつなぐ"GREEN LIFE STYLE"をBRANZは実現します。

BRANZロゴ

ブランズタワー谷町四丁目 物件概要

所在地 大阪府大阪市中央区常盤町二丁目1番3(地番)
交通 Osaka Metro 谷町線・中央線「谷町四丁目」駅から徒歩3分
Osaka Metro 中央線・堺筋線「堺筋本町」駅から徒歩7分
構造・規模 鉄筋コンクリート造地上31階建
敷地面積 1,107.68m2
建築延床面積 17,340.36m2
総戸数 174戸
竣工/引渡 2024年1月下旬(予定)/2024年3月下旬(予定)
事業主(売主) 東急不動産株式会社、関電不動産開発株式会社
販売会社 東急不動産株式会社、株式会社プロヴァンスコーポレーション
設計・監理 株式会社日企設計
デザイン監修 株式会社日建ハウジングシステム
施工 日本国土開発株式会社
管理 株式会社東急コミュニティー

物件地図

位置図

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader
公開年
ニュースカテゴリ