• Access

~埼玉県東松山市、秋田県能代市・男鹿市にて始動~地域共生プロジェクトを開始、施設名称をTENOHAに決定

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡田 正志、以下「当社」)は、この度、再生可能エネルギーの導入検討がすすむ地域で、それぞれの課題解決や活性化につなげていくことを目的とした地域共生プロジェクトを埼玉県東松山市、秋田県能代市、秋田県男鹿市にて開始し、その施設名称をTENOHAに決定したことをお知らせ致します。

■TENOHAについて
テノハは、"手のひら"と"葉"の造語です。施設を大きな木、新しいライフスタイルを沢山の葉として、ものを創り出す手と手が、重なり合う葉のように広がり、新しい時代に向けて人やモノ・サービスが育っていく場所であることを表しています。地域の皆様と手と手をたずさえて、沢山の葉を増やし、更に大きな木へと成長していく場を目指しています。

■地域共生の基本的な考え方について
当社は、再生可能エネルギー事業を進めていくためには、街づくりの視点が重要と考えています。再生可能エネルギーに適したエリアは、恵まれた自然環境を活かした産業(農業、漁業、観光等)が盛んな一方で、少子高齢化・未利用施設の増加・後継者不足等の課題が顕在しているエリアが多くあります。
当社は、「新たな産業導入が、地域の暮らしを良くしていくこと」を体感していただくことで、「円滑な産業導入」「地域の課題解決や活性化」の両面につながっていくという考えのもとに、各地で地域の皆様と対話をしながら、地域共生プロジェクトに取り組んでいきます。

≪地域共生の基本的な考え方≫

詳細はPDFをご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader
公開年
ニュースカテゴリ