• Access

日本ユニシスと東急不動産、VRモデルルーム(※1)を共同開発 竣工前の「ブランズシティ南草津」で導入開始 ~複数の家具メーカーと連携、全51プラン(※2)を実在家具CGによるコーディネート~

2021年09月16日 分譲住宅 Facebookでシェア Twitterでシェア

日本ユニシス株式会社(本社所在地:東京都江東区、代表取締役社長:平岡 昭良)と東急不動産株式会社(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡田 正志)は、完成前のマンションをご検討いただくお客様の利便性向上を図るため、複数の家具メーカーと連携し、実在家具のCGを配した全51プランのVRモデルルーム(バーチャルモデルルーム)を作成するスキームを共同開発しましたのでお知らせいたします。従来の取り組みでは難しかった全17タイプ×内装カラー3色(全51プラン)のVRモデルルームを提供することで、生活イメージが湧きやすく、購入検討しやすいツールの提供を目指します。導入の第一弾として9月18日より「ブランズシティ南草津」(所在地:滋賀県草津市)のマンションギャラリーの大画面シアターで公開いたします。

※1:設計図を元に作成した3D画像で間取りや内装イメージを再現するシステム

※2:全住戸17タイプ×内装3色

詳細はPDFをご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader
公開年
ニュースカテゴリ