• Access

VR体験は新時代へ 日本ユニシスと東急不動産 現実世界と仮想世界を融合させる「xR」による超リアルな空間体感 マンション販売「日本初」VRゴーグル「Varjo XR-3」を採用

2021年10月05日 分譲住宅 Facebookでシェア Twitterでシェア

東急不動産株式会社(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡田 正志)と日本ユニシス株式会社(本社所在地:東京都江東区、代表取締役社長:平岡 昭良)は、バーチャル空間にCGを用いて再現された竣工予定のマンションの細部を、超高解像度ヘッドマウントディスプレイ(以下HMD)を用いた実際と同じスケールで体感できる「VRモデルルームxR体験サービス」を提供します。日本の不動産業界での本機HMD取り扱いは初、海外でも最先端の事例となります。「物件完成後のイメージを、実際に近い環境で体験したい」という顧客ニーズは高まっており、バーチャル空間上でのモデルルームの再現、体験の機会の需要は今後、ますます高まることが予想されます。高いVR技術を持つ日本ユニシスと東急不動産が手を組むことで、近年取り組んでいる「VRモデルルーム」サービスをより一段、高いものにしました。東急不動産が分譲するタワーマンション「ブランズタワー大阪本町」で10月16日に開業するマンションギャラリー(アマ・テラスパビリオン)に設置いたします。

詳細はPDFをご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、右のロゴからダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader
公開年
ニュースカテゴリ